ディーラーか町の小さな中古車屋さんか

乗っていた車がマフラーから黒煙が出るようになってしまいました。中古で買ったし、あんまりマメにオイル交換もしなかったからなぁと後悔しても後の祭りです。車が必須な田舎なので、修理するか買い換えるかと悩んでいたのですが、ディーラーへ行くとなんとなく修理出来るのに新車の買い替えを進められるんじゃないかと思っていた私は、友達がいつも利用しているという小さな中古車屋さんへとりあえず持って行きました。車を見てもらうと「エンジンがもう駄目っぽい。走行距離と年式から見て、修理して大金出してもまた壊れないとも保証できない。かといってもう査定してしまったのでうちで買い取りは安くでしか引き取れないから、他の会社に持っていった方がいいかも。」と言われてしまいました。
それから数社の大手の買取店に行ってみたりしたのですが、何処にいっても親切な対応をしてもらえるのですがなにか物足りないような感じがして、結局最初に行った中古車屋さんにまた相談しに行きました。そこの社長さんから「うちでは○円でしか下取りできないから今まで回ったお店で一番高かった所で売っておいで。」と言われ、数万高かった大手で売って、次の車は中古車屋さんで買いました。売ったお店は大手だし、ここで買おうかなぁとも思いましたが、小さくてもこの会社なら任せられる!と思えた会社に出会えたのが幸いでした。

クルマは自分のライフスタイルの5年先を見て買うべし

私の車履歴はライフスタイルで変えている。
独身の時は良く酒を飲んだので車は持っていなかった。
もっぱらタクシーを使った。

知り合いの運転手も3人いて、携帯の番号も教わっていた。
2人は深夜までいつでも連絡できた。

結婚してどこかに旅行するために車を買った。
日産のサニーだった。
しばらくして子供を授かった。

女房が車を使うので私は通勤用に軽自動車を購入した。
子供が歩けるようになると軽自動車では不満が出てきた。
そこで相談してワゴンタイプの車を購入した。

子供が出かけ先で眠ってしまった時など非常に便利な車だった。
後ろにマットレスと布団を用意しておけば女房も添い寝ができて好評だった。

子供が大きくなると女房と二人で乗用車で出かけることが多くなり、大きなコワゴンタイプの
クルマが邪魔になってきた。
そこでまた軽自動車に変更した。

もう一台の車は女房と子供が乗るので安全なトヨタの車にした。
ぶつかっても、ぶつけられても衝撃が少ないとの事で選んだ。

今後は子供が独立したら二人で乗れる車で充分だと思っている。

結構がさつな査定士がいたもんだ

私は去年末に車を売ったものです。
まとまったお金が必要で中古車査定サイトで4社に査定を依頼しました。
各査定士には夕方6時頃から1時間ごとに来るようにしてもらい、結果売却決定までには5時間くらいかかりました、
車はトヨタアルファード2012型で事故歴なし禁煙車で内装も外装もほとんど傷なし、ナビ、バックモニター付きということで
250万円希望として見てもらいました。
各自エンジンルームや足回り、傷等ないか舐めるように査定していました。
これだけ状態のいいアルファードはあまりないということで各社最後まで残り、
自分の名詞の裏に出せる金額を書いて一斉に裏返すというルールで話合いが成立しました。
結果、一人目が260万円、2人目が270万円、3人目が230万円、4人目が310万円。
正直驚きましたが、直後4人目の査定士が「よっしゃ!」とガッツポーズをしました。
他の査定士はしょうがないなという感じで挨拶も早々に引き上げていきました。
希望額を大幅に超えたので早速書類にサインしてキーも預け、愛車よさようなら~という場面で
3人目の査定士がペンライトを忘れたと引き返してきました。
そこで私にこっそり耳元で、「天井の雹害、かなりありましたが、4人目の査定士、気づいてなかったようですね。良かったですね」
それは私も気づいてなかった事実、ライトの照らし方でわからない事が多いようです。